カテゴリ

月別アーカイブ

フリースペース

TOP

最近ネットでの風俗予約が増えています。有益な予約について、体験談で学びましょう。

某バンドのおっかけをしている女性

僕はバンドのマネージャーをしているものです。29歳なんですが、じつは一度離婚をしています。というのももともと自分もバンドをやっていたのですが、デビューをした後にバンド内のメンバーの女性とデキてしまい、その当時結婚したばかりの妻と泥沼になり、バンドは解散、離婚という最悪の結末になってしまいました。そしてしばらくパチンコ屋の店員などをしていたのですが、どうしても音楽の仕事をしたくて友達のバンドのマネージャーをしつつたまに土木作業員のアルバイトをしながら生活しています。最近、どうしてもムラムラしてしまいデリヘル嬢を呼んでみたのですが、散々エッチなことをして素股で射精したあと、シャワーを浴びていると女性にバンド名のタトゥーがあることに気が付きました。訊いてみると、バンドのおっかけをしており、そのためにデリヘルで稼いでいるのだとか。メンバーの誰かとデキているというわけでなく、純粋に音楽が好きなんだそうです。そんな理由で風俗嬢をしている子もいるんだなと感動してしまいました。

アイドルグループのあの子に似た女の子

私は51歳のバツイチ会社員です。いつも女性社員のお尻を見ては興奮を抑えきれず、急いで家に帰ってからしょっちゅうお気に入りのデリヘル嬢のお世話になっています。なんと毎週2回は呼んでいるのですが、よくそんなお金があるなとお思いではないでしょうか?それは、じつは私は離婚した妻から慰謝料をたらふくもらったからなんです。離婚したのは妻の不貞が原因でしたから、裁判の結果100万円以上の慰謝料をもらいました。正直そんなにお金をもらっても何に使って良いのかわからないほど、貧乏性だったので、考えた末にパーッと使うことにしました。それからお金をやたらと風俗に使うことになれてしまいました。私が気に入って呼んでいるのはアイドルグループ「A」にいるKYちゃんに体つきも顔も似ている女の子です。「あの◯◯りんを抱いている!」と思えば気分も最高なんです。離婚しても人生楽しむために、あなたもデリヘル嬢と遊んでみてはいかがでしょうか?

デリヘルで理想の女王様とプレイ

わたしは女王様タイプの女性が大好きなんですが、そういうタイプのデリヘル嬢が多数在籍しているデリヘル、Mにいってきました。何で私がこういうタイプの女性が好きかというと、やっぱり仕事で一切弱みを見せられないからでしょうね。常に自分が強い立場にいないといけないというのは、意外とプレッシャーだったりもします。そこから解き放たれるというのが、自分にとって風俗で女王様タイプの女性と遊ぶ意味なんですね(と書くと、自分の性的嗜好の正当化と言われてしまうかも知れませんが、そうやって自分で自己分析するのも結構好きなのです(笑)。で、この日Mで指名したのはKちゃんという女性。まだ26才ということで、私より20才以上年下ですが、それだけ年下の女王様にいじめられるというのは自分にとってかなりの快感ですね。プレイ内容は言葉責めがどちらかというと多め。自分は肉体に対するいじめでは、過去にかなり痛い失敗があったので、それにこりて言葉責め重視になっているのです。そういう趣味も全部満たしてくれるありがたい女性でした。