>  > 例えば五反田で回春マッサージ店を開店させたとしても認知度を心配してしまう

例えば五反田で回春マッサージ店を開店させたとしても認知度を心配してしまう

五反田の回春マッサージはデリヘル店やピンサロ店に比べて店舗数は非常に少なく、現存で確認できる店舗数はおそらく5店舗も無いほどでしょう。店舗数の少ない五反田の回春マッサージ店ではどうやって五反田で回春マッサージ店の認知度を高めていけたのか。少し考えてみたいと思います。いくつかある業種の中でも回春マッサージは広告媒体サイトは少なく掲載できる場所も非常に限られた業種になります。デリヘルやソープ、イメクラ、オナクラ、ピンサロと同じ風俗店舗ではありますが、回春マッサージは性的なサービスの部分が他の業種に比べて少なく人気もその他表種ほど無いのが現実です。回春マッサージ以外の業種では豊富な広告媒体サイトが有り、いくらでも掲載できてしまうので認知度やそのお店の広まり方全く違うのです。中にはデリヘル店の掲載箇所に回春マッサージ点として掲載しているお店もありますが、実際に行いサービスがデリヘルではなく回春マッサージなので利用客とのトラブルになりかねないので掲載する店舗はほとんどありません。回春マッサージ専門の広告媒体サイトは確認できるだけでも10サイト以下で業種的に少し不利な状況を感じます。また回春マッサージ店は提供するサービス面でも若い男性をターゲットとしないので利用客も限られたパイしかないのも現実です。回春とは若返りを意味しており、この若返りは精力の増強や回復を意味します。ですので精力や性欲が減退してきた30代なかばの男性をターゲットにしており、そのターゲット層は他の風俗店に比べれば半分以下になってしまうのではないでしょうか。これはあくまで個人の見解なので実際はどういった市場なのかもよくわかっていませんが、客観的に見て回春マッサージは他の風俗店よりも稼げないような印象があります。中には疲れを癒やしてほしいのと性的にも満たされたいという両方のニーズを持っているお客さんがいれば年令に関係なく利用することでしょうが、実際そう考えている男性が何人いるかですよね。若い男性やまだ精力の強い20代後半の男性の場合ですと回春マッサージよりもデリヘルやソープでガンガン女の子を攻めたいと考えるのが一般的だと感じます。また回春マッサージには若返りの効果があると先に述べましたが、この若返るという言葉に若者は抵抗を感じているのかもしれません。いわば回春は少し医学的に感じてしまい、EDを患っている、精力が低いと思われたくないために利用しない、なんてお客もいそうな感じもします。回春マッサージはまだ一般的ではない感じがするのも要因なのかなと私は感じてしまいます。

[ 2015-07-17 ]

カテゴリ: 回春エステ体験談